新人研修 カリキュラム 作り方 | 最新の研修法を紹介

新人研修 カリキュラム 作り方 | 最新の研修法を紹介

新人研修 カリキュラム 作り方 | 最新の研修法を紹介

新人研修カリキュラムに多く企業が同じ課題を抱えます。

 

「受講者がなかなか勉強してくれない」「勉強してもなんとなくやるだけで、なかなか身につかない」
最も多い課題がこれです。
時間もコストもかけているのに意味がない。
つまり、新人教育カリキュラムを実施しても思うようなスキルを身に着けさせる事が出来ないということです。

 

新人研修 カリキュラム 作り方 興味深い研修方法

これは、受講する側のやる気の問題だけでしょうか?
じつは、新人研修カリキュラムを主宰する企業側にも問題があるのです。
それはカリキュラムの作り方です。
カリキュラムの内容だけではなく、作り方が大きく成果を左右するのです。
「人を行動させてしまう」として注目されるゲーム理論。
ゲーム理論を使った成果の上がる新人研修カリキュラムの作り方をお伝えします。

 

新人研修 カリキュラム 作り方 最新研修のBiztomとは

 

株式会社ニジボックス(株式会社リクルートホールディングス100%出資のグループ会社)が提供するオンライン社員教育システムがあります。
新人研修カリキュラム、Biztom(ビズタム)です。
社員教育をコスト・効率・効果の観点でゲーム理論を使った社員教育カリキュラムです。

 

 

新人研修 カリキュラム 作り方 Biztom(ビズタム)はここがすごい

 

ゲーミフィケーションという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
課題の解決や顧客ロイヤリティの向上に、ゲームデザインの技術やメカニズムを利用する事の総称です。
ゲームに思わず熱中してしまった、という経験は誰にでもあることでしょう。
この集中力の本質部分がゲーム理論です。
行動心理学という言葉でも説明ができます。
社員研修の場にゲーム理論を応用したシステムがBiztomです。

 

新人研修 カリキュラム 作り方 学習効果と効率が高まる仕組み

 

人に行動を起こさせ興味を持たせ続ける心理的な引き金として、
報奨、認知、達成感、競争の要素、熱心に取り組む対象、があります。

 

この要素を取り入れたのがゲーム理論で行動心理学の一部分です。
新人研修カリキュラムの作り方にゲーム理論を応用し、受講者の学習意欲を高めます。

 

「自然と行動させ結果をだす」
これが新人研修カリキュラム、Biztom(ビズタム)の本質部分です。

 

新人研修 カリキュラム 作り方 Biztomのゲーム理論の一例を紹介

 

受講生に順位を付け競争の要素を盛り込む。
これにより、同期にはには負けたくはない、ビリはいやだなといった感情が埋まれます。

 

課題を明確化し、課題をクリアすると称号を与える。
1位を目指したい、称号をもらえると嬉しい、そんな感情が生まれます。

 

積み上げ要素で飽きずに継続させる
課題クリアの称号はどんどんと豪華になっていきます。受講生は飽きずに目標を設定し自ら課題を発見していきます。
また、称号は受講生間に公開され自慢要素でもあり、飽きない理由の一つです。

 

新人研修 カリキュラム 作り方 カリキュラムの作り方を考える必要不要

 

新人教育、社員教育のプロ集団にご相談ください。
御社の社員教育の課題、問題をBiztomがクリアにできるかもしれません。

 

機能は企業様に合わせ、追加・削除等を自在にカスタマズできます。
担当者様のご負担を軽減しより成果の上がる新人研修を実現が可能です。
担当者様とBiztomの二人三脚で最適な教育フローを作っていければと思っています。

 

 

新人研修 カリキュラム 作り方 Biztomの「無料の資料請求」

 

Biztom(ビズタム)の拘りと成果の上がった実例をご紹介いたします。
無料の資料請求でBiztom(ビズタム)の詳細をご確認ください。

 

 

6.新人研修カリキュラムの作り方まとめ

 

新人研修の目的は「学生から社会人への意識改革」です。形式だけの新人研修からより実践的な社会人教育へとシフトしていく傾向が強く出ています。
単にゲームそのものを作ったり、ゲーム理論を導入するだけでは有効に機能するものではありません。
Biztom(ビズタム)は効果的な新人研修の骨組みです。
骨組みに御社の社会的価値を加味することで血の通った新人研修になるはずです。

 

 


ホーム RSS購読